チャーミングタイランド 〔Charming Thailand〕

魅了あるタイランドの写真紹介

ビエンチャン市内 3

ビエンチャン市内のいろいろな光景を発表します。




DSC01589s1.jpg

町全体が閑散として、あまり活気がありません



DSC01538s2.jpg

夕方のメコン川沿いレストラン



DSC01699s3.jpg

何かの会合でしょうか?



DSC01584s4.jpg

かわいいワンちゃん



DSC01290s5.jpg

トゥクトゥク、バンコクのものと違います



DSC01716s6.jpg

国立文化会館、立派な建物です



DSC01593s7.jpg

北京ダック店、まだお客はいません



DSC01585s8.jpg

日本の居酒屋と同じ雰囲気



DSC01293s9.jpg

ワインレストラン、それにしても大きな樽ですね!



DSC01291s10.jpg

パン屋、パンを直接店先に並べています
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/06/28(木) 22:40:43|
  2. ビエンチャン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワット インペン

ビエンチャン中心部の西側にあるワット インペンを訪れた。境内には観光客はいなく、静かである。もっとも、ここだけでなく、市内には観光客が少ない。静かで落ち着いた‘きれい’な町だ。機会があればまた訪れ、ゆっくり滞在したい。
境内に入ると本堂がある。前面の上部には緑を基調とした彫刻が印象的で大変きれいである。きれいな壁画の入口から内部に入ると僧侶、信者がいた。そこには観光客の私が入るのを躊躇わせる厳粛な雰囲気がある。敬虔な仏教徒の国だ。




DSC01684s1.jpg

きれいで立派な門



DSC01670s2.jpg

本堂、上部の緑の彫刻が印象的



DSC01672s3.jpg

入口の壁画、きれいですね



DSC01675s5.jpg

天井の赤も印象的



DSC01674s4.jpg

内部には僧侶と信者がいた



DSC01678s6.jpg

北側にある経蔵



DSC01668s7.jpg

右側には仏塔がみられる



DSC01683s8.jpg





DSC01679s9.jpg

小さな祠堂



DSC01680s10.jpg

祠堂内部にある仏像

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/06/24(日) 21:18:05|
  2. ビエンチャン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ワット ミーサイ

翌日、セーターティラート通りにあるワット ミーサイに行った。この寺院はセーターティラート王が1569年にビルマとの戦いで勝利したことを祝い、建立した。なお、現在の建物は20世紀前半に再建されたものである。本堂の外壁は濃い目の黄色で目立つ外観である。




DSC01642s1.jpg

入口は赤、本堂は黄色と目立つ外観である



DSC01631s2.jpg

本堂の外壁は濃い目の黄色できれいであり、目立つ



DSC01632s3.jpg





DSC01638s4.jpg





DSC01636s5.jpg

裏の石碑



DSC01639s6.jpg

入口の広間



DSC01641s7.jpg

本堂入口の両側には仏様の絵が描かれています



DSC01635s8.jpg

敷地内にある仏塔、ここも黄色で目立つ

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/06/17(日) 20:22:14|
  2. ビエンチャン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ワット カオニョット

ワット シームアンを出てセーターティラート通りをワット ホーパケオに向けて歩くと通り沿いに小さな寺院があった。ワット カオニョットという寺院である。境内はだれもいなく、静かだ。寺院の規模にしては塔が大きく、立派である。本堂の内部を見ようとしたが鍵がかかって見ることが出来ず、ワット ホーパケオに向けて歩き始めた。




DSC01428s1.jpg

小さな寺院で建物はシンプル



DSC01424s2.jpg

本堂に比べて立派な塔である



DSC01427s3.jpg

シンプルだがきれいな寺院だ



DSC01425s4.jpg

本堂の角に仏像がある

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/06/14(木) 20:25:30|
  2. ビエンチャン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ワット ハーイソーク

夕方、最後にセーターティラート通りにあるワット ハーイソークを訪れました。薄ピンク色の壁面の本堂、境内にある塔はなかなか立派なものです。本堂内に入ると僧侶がみんなでお経を唱えており、内に入るのを遠慮した。犬は堂々おネンネ。何かミスマッチ。




DSC01579s1.jpg

薄ピンク色の壁面に金色の縁取り、落ち着いた良い寺院



DSC01572s2.jpg

裏側からの寺院



DSC01571s3.jpg

立派な塔ですね



DSC01573s4.jpg





DSC01575ss5.jpg

本堂内では僧侶みんながお経を唱えていた



DSC01576s6.jpg

犬がお経をBGMにおネンネ

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/08(火) 22:30:59|
  2. ビエンチャン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

曼谷夜市

Author:曼谷夜市
アジア特有の熱気と喧騒に満ち、強烈なパワーを放つ、そのなかに仏教を信じする‘微笑み’の人々が快い清涼を醸し出すタイランド。その魅力あるタイランドを紹介する。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

天使の都バンコク (715)
チェンマイ (38)
チェンライ (24)
ゴールデントライアングル (3)
メーサイ (3)
チェンセーン (2)
ドイ・トゥン (6)
メーサローン (1)
メーホンソン (23)
ナーン (21)
プレー (11)
ランプーン (2)
ランパーン (24)
ノンカイ (11)
チェンカーン (1)
ナコーン・パノム (1)
サコーン・ナコーン (1)
ルーイ (1)
ウドーン・ターニー (5)
コーンケン (1)
ローイエット (1)
シーサッチャナライ (4)
スコータイ (9)
メーソート (1)
ピサヌローク (2)
ウボン・ラーチャターニー (1)
ブリラーム (6)
ピマーイ (3)
ロッブリー (2)
サラブリー (2)
スパンブリー (6)
アントーン (1)
アユタヤ (10)
バーンパイン (1)
ノンタブリー (11)
サムットプラカーン (5)
チャチュンサオ (1)
シーラチャ島 (7)
パタヤ (4)
ラヨーン (1)
サメット島 (1)
チャンタブリー (2)
チャーン島 (2)
カンチャナブリー (3)
ナコンパトム (6)
サムットサコン (8)
サムットソンクラム (6)
ダムヌンサドゥアク (2)
ラチャブリー (5)
ペッブリー (5)
ホアヒン (27)
チュンポン (1)
ラノーン (1)
タオ島 (1)
パンガン島 (2)
サムイ島 (32)
スラー・ターニー (12)
ナコーン・シー・タマラート (27)
プーケット島 (20)
ピーピー島 (4)
クラビ (23)
トラン (1)
ハートヤイ (7)
ソンクラー (6)
マンダレー (8)
パガン (9)
タチレク (7)
ミャワディ (1)
バゴー (12)
ヤンゴン (12)
コートーン (1)
ルアンパバーン (1)
ドンサーオ (2)
ビエンチャン (23)
シェムリアップ (30)
ハノイ (36)
フエ (2)
ホイアン (1)
ホーチミン (45)
ペナン島 (1)
コタ・キナバル (1)
バンダル・スリ・ブガワン (0)
シンガポール (1)
カトマンズ (9)
ポカラ (8)
パタン (4)
バクタブル (9)
東京 (166)
横浜 (36)
サッカー (1)
未分類 (9)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR